アフィリエイト やめる

家屋と家財に備えた保険

家財や家屋を対象にした災害保険とは、どのような内容になっているのでしょうか。災害の中で火災や落雷、風災、雪災、ひょう災などを中心に爆発や衝撃などによる被害を補償することができます。

主に、個人の家屋と事業所を別にして契約料を決めています。

火災保険は、契約する期間を短期や長期から選ぶことができます。1年、5年、10年、30年の期間設定ができますが、長期の契約をすれば、契約料が安くなります。

個人の家屋は、家財を加えることもできるので、家族数に合わせた料金設定になっています。

さらに、事業所は仕事や商売に関係するものなら何でも対象になります。たとえば、什器、備品、販売商品など仕事に関係するものなら認めてもらえるようになっています。

個人の家屋は、持ち屋と借家では、補償の範囲がかなり違っています。

持ち屋に住んでいると、家屋と同じように家財にも火災保険が適応されますが、借家の場合は、家財だけが補償の対象になるので、家屋は持ち主が別に加入する必要があります。

その他、分譲マンションやアパートなどは共有部分と専有部分に分かれているので、確認してから災害保険を選びましょう。

専有部分の契約は、個人でもできますが、共有部分は、管理組合が契約をする必要があります。

補償幅が広い方を選んだ場合、当然ですが、契約料も高くなります。

災害に対応する補償の度合いによって契約料が高くなるので、リスクと照らし合わせて内容を考慮する必要があります。

link0