火災による損害賠償について

火災による損害賠償について

カテゴリ:[ 火災保険を選ぶ前に ]

自然災害が発生することによって家屋などが損害を受けた場合、火災保険に加入していれば、家屋の再建に向けた費用を補償してもらえます。

損害を受けた場合は、家屋だけでなく家財も廃棄する必要があります。

この場合、廃棄費用も支払われます。損害を受けた時に支払われる必要経費が残存物取片付け費用保険金になります。

計算方法としては、損害額の10パーセントを上限に支払われています。

さらに、損害の補償金に加えて臨時費用も支払われます。これは、会社独自が設定している基準を基に支給額が決められ、自由に使用して構いません。

その他に、備えられた消火器の補償額が支給されます。損害防止費用保険金は、火災を食い止めるための費用を補償したものです。

火災だけでなく地震に対しても補償があります。

以前は特約で加入できましたが、現在は、それぞれ個別に加入します。地震や噴火、津波の被害で家屋と家財に損害がある時に補償があります。

災害に対応する補償範囲が広がっていますが、再建に向けた出費を賄う費用保険金に関しては、会社独自の判断で支払い額や種類が違っています。

特約で加入すると掛け金が増えますが、契約する時に全部を含めた補償になっている時もあります。

このように、さまざまな災害補償があるので、内容を確認して必要な範囲内で契約した方がいいでしょう。

損害額だけではなく、再建に伴う諸費用を賄えるようにしておけば、出費を抑えることができるでしょう。

link06