選べる火災保険

選べる火災保険

カテゴリ:[ 火災保険を選ぶ前に ]

災害の損失を補償する火災保険に加入する時は、内容を十分確認しておきましょう。
補償内容な対象になる災害を限定している場合があるからです。

加入しているにも関わらず、損失を被っても対象から外されて、補償がないような事態にならないようにしましょう。

一般的な火災保険は、住宅を総合的に補償するものと、住宅火災を対象にした損失を補償するものがあります。さらに、それぞれの会社が独自に補償する保険もあるので、内容を確認することが大切です。

総合的な補償内容は、火災、水害、風災などの自然災害だけに限定しないで、破壊行為や爆発、盗難などにも補償範囲を広げています。

一方、住宅火災を対象にする場合は、水害や破壊行為、盗軟は対象から外されています。

その他、独自の補償範囲を決めている場合があるので、加入する前に確認した方がいいでしょう。

補償内容に不明な点がある時は、些細なことでも尋ねておく必要があります。居住地域でもっともリスクの高い災害についても知っておくことが大切です。

特に地震については、地域別に掛け金が違うので、注意しましょう。

地震の補償を加える時は、契約が別になります。
現在は、地震に対応する補償が別になっているからです。

これまでは、特約でも加入できたのですが、火災保険とは別の扱いになっています。

異常気象で地震だけでなく、水害や雷、竜巻などの被害が多くなっているので、できるだけ広範囲の補償内容を選んだ方がいいでしょう。

link03