費用保険金の内容

費用保険金の内容

カテゴリ:[ 火災保険を選ぶ前に ]

火災保険に加入することは、延焼被害に対応する補償にもなります。

過失による延焼被害でも、必ず賠償してもらえるとは限らないからです。ですから、全く落ち度のない被害者でも家屋や家財に対する災害補償を受けられないことがあります。

これは、過失で失火しても、故意の場合や重大な問題がない限り、賠償責任を義務付けていないからです。

家屋や家財を対象にした火災保険に加入していないと、災害補償を受けられないことになります。

さらに、自分が加害者になった場合は、どうなるでしょうか。万が一、重大な過失認定があると、延焼家屋や家財に対して損害賠償が義務付けられてしまいます。

ですから、火災に対応する災害補償をしていないと、延焼被害者にも損害補償ができなくなってしまいます。

災害補償を考えた場合、個人賠償責任保険に加入したり、個人賠償責任特約を加える必要があります。

火災に関しては、損害に対する補償の条件が設定されているので、加入する時に確認しておきましょう。

故意の失火は、補償されませんが、重大な過失で失火した場合は、損害賠償の対象になります。

賃貸物件に入居中に失火してしまった場合は、家屋に対して損害賠償をする義務が生じます。これは、入居時の契約にもあるように、現状回復の義務があるからです。

ですから、入居する時に賃貸物件への借家人賠償責任保険へ加入するようになっています。

貸し主側にとっても、賃貸人にとって安心できる制度ではないでしょうか。

なんば花