個人賠償責任補償の内容

個人賠償責任補償の内容

カテゴリ:[ 火災保険を選ぶ前に ]

火災に関しては、重大な過失があった場合に限定して重過失認定があり、失火した火元は延焼被害者に対して、損害賠償をする義務が生じます。

火災保険には、災害補償における個人賠償責任補償があります。

延焼被害を受けた場合に、契約者なら損害賠償の対象になります。ですが、失火者に損害賠償の責任があるので、手続きが複雑になります。

まず、延焼被害者に対して規定の賠償金が支払われますが、失火した火元は加害者ですから、保険会社に対して賠償金を支払う必要があります。

火元の加害者にとっては、大変な負担額になりますが、個人賠償責任補償の対象になるので、掛け金を負担していれば、補償を受けることができます。

ガス爆発を起こした場合や、階下への水漏れにも賠償責任がありますが、これらも個人賠償責任補償の対象になっています。

このような事故や災害が対象になるだけでなく、自転車による突発事故の損害賠償や、家族とか飼育しているペットの過失による事故も、個人賠償責任補償の対象になります。

火災保険に加入する場合は、損害賠償が可能かどうかを確認する必要があります。

一般的に個人賠償責任補償は特約扱いになっているか、火災保険に加入する時点で、最初から補償の範囲に入っているか、どちらかになります。

契約する前に災害に伴う損害賠償の範囲や補償金額を確認しておきましょう。

災害が起った場合、第三者に対する損害賠償が発生する可能性もあります。まずは、十分な補償ができるかどうかを考える必要があります。

キャバ嬢 link08