補償の内容について

補償の内容について

カテゴリ:[ 火災保険を選ぶ前に ]

災害補償に対応する保険がありますが、火災を対象にする場合は、家屋と家財を区別して契約をするようになっています。

補償の内容を確認しておかなければ、万が一、火災に合った時に十分な補償を受けることができなくなってしまいます。

火災保険の場合は、建物の補償と同時に家財に対する補償も考えて加入する必要があります。契約をする前に、補償の内容を確認しておきましょう。

さらに、地震で損害を受けた場合は、火災保険の加入だけでは補償対象にならないので注意が必要です。地震へ対応は、別に地震に対応する補償を付けることになります。

万が一、地震に対応する補償を付けていないと、実際に地震被害を受けても災害補償を受けることができなくなります。

自然災害に対するリスクを考えた場合、家屋と家財の両方を補償するだけでなく、地震にも対応する必要があります。

ですから、災害保険に加入する時は、火災と地震を別々に加入しなければいけません。

さらに家屋と家財は補償が別扱いになるので、火災への補償と同じように、地震への補償も別々に契約する必要があります。

家屋だけでは、家財への補償がないので注意しましょう。

最近の異常気象を考慮して契約内容を見直す必要があります。

さらに、必要最低限の補償にするのではなく、十分な補償に対応する方を選んだ方が安心ではないでしょうか。

加入を検討している人だけでなく、既に加入している人も、地震や火災に対応できるように補償内容の確認をしておきましょう。す。

link10