災害リスクに備える

災害リスクに備える

カテゴリ:[ 火災保険を選ぶ前に ]

最近の異常気象で、日本各地に災害が発生しています。

家屋や家財に関しても個人の負担だけでは、再建は難しいでしょう。二重ローンを負うことになったり、リフォームしたばかりの家屋が全壊や半壊する可能性もあります。

災害は何時どこに発生するかわりません。ですから、自分だけは大丈夫と過信してはいけません。

火災や落雷、風災、雪災、水害、ひょう災だけでなく、爆発や倒壊、飛来物の落下など、思いもよらない損害を被ることがあります。

自力での再建には十分な補償をする必要があります。そのためには、火災保険に加入する必要があり、それに見合った掛け金を支払う必要があります。

火災保険を選ぶ時は、地域の災害マップを活用しましょう。それぞれの地域ごとにリスクの高い災害を確認することができるようになっています。

居住地域に適した損害補償を見積もってから火災保険に加入することが大切です。

特に自宅の住宅ローンを支払っている場合は、家屋の全壊や半壊を被っても、ローンを払い続ける必要があります。賃貸物件の場合も家財が使えなくなります。

いずれの場合も、十分な補償をしておかなければ、自力での再建はかなり難しくなるでしょう。

火災保険は、損害賠償を対象にした借家人賠償責任補償を付けることができるので、賃貸物件に住んでいる場合は付けておく必要があります。

内容をしっかり確認して、補償が十分かどうかチェックすることが大切です。最小限で賄うよりも、万が一に備えた補償を選択しましょう。

link02