損失補償の内容

損失補償の内容

カテゴリ:[ 火災保険を選ぶ前に ]

最近の異常気象から、さまざまな自然災害に見舞われる事が多くなっています。

家屋が全壊したり半壊した時は、国の支援制度を利用することができます。これは、被災者生活再建支援制度と言って、家屋の再建に向けて支援を受けることができます。

まず、家屋の全壊は基本手金な支援金が百万円、さらに家屋を再建する時に2百万円の支援金を受け取る制度です。全壊でなくても、損害が大きい半壊の場合は、250万円まで支給されるようになっています。

ですが、災害で損害を受けた場合の再建には、かなりの費用が必要ですから、現実的には、焼け石に水ではないでしょうか。被災者生活再建支援制度だけを頼りにするわけには行きません。

市町村では、個人に向けに損害補償をする制度がないので、災害で被害を受けた場合は、自力での再建が基本になるでしょう。ですから、火災保険で家屋や家財を補償する必要があります。

保険に加入する時は、損失補償の内容を十分に確認する必要があります。各地域ごとにリスクの高い損害から検討した方がいいでしょう。公的機関が提示するハザードマップは、自然災害を受けやすい地域を確認することができます。

保険に加入する場合は、居住地域のハザードマップを参考にするといいでしょう。特に地震に関しては、各地域ごとに契約料が違うので、居住地域の条件を調べておくといいでしょう。

火災保険に加入するだけでは、万全とは言えないので、納得のいく補償を付けた方がいいでしょう。

link01