肩こりを経験した人であれば、どんな症状が引き起こされるのかそれなりに分かるでしょう。
よく聞かれる症状は、肩部分が張ったり重くなったりするといった様子です。

肩に重い物がのしかかっているような感覚があり、肩や腕を使用していない場合でも肩が疲れていると感じます。
こういう痛みであれば、一部の筋肉ばかりを使っていることが要因となっているので、マッサージを試みたり長い時間同じ姿勢にならないようにしていくことが解消するための主な手段となります。

また、肩こりばかりか、首や顎などの場所に痛みが出る可能性もあります。
これはよく聞かれる肩こりよりも解消するのが困難だとされ、首回りの血管や神経に原因があるという恐れもあるのです。

さらに、肩こりの症状も出ているが、肩ばかりか首や鎖骨近くにもずしりとした重みを感じているならば、胸らへんの臓器がおかしくなっていることも考えられます。

少し時間をおいても痛みや違和感が解消しないのであれば、医療機関を訪れて診てもらったほうが良いでしょう。
心臓病などの恐れも全くないとは言えませんので、できるだけ早めに病院で調べてもらう必要があります。

色々と考えてみてもなぜ肩こりになったのか身に覚えが何もないときは、この際にも病院で検査を実施してもらうのが安心です。
もしかすると何かしらの病気の前触れとして肩の周りに問題が出ていることもありますので、単なる肩こりと早々に見なしてしまうのは危険です。

広く認識されていることですが、欧米人には肩こりで悩んでいる人がいないということです。
この話は筋肉の構造なども結び付きがあると考えられていますので、平均よりも筋肉が少なめの人は、それも肩こりの原因になるでしょう。