家で実施できる肩こりの解消技ということで大勢の支持を集めているのが、マッサージやストレッチとされています。
マッサージをやるときには、力の込めすぎも込めなさすぎでも効果は出ないでしょう。

マッサージを行う際に強い力でしてしまうと症状が進行してしまう恐れもありますので、力加減には気を配りましょう。
力の込め方として、気持ちいいと感じるくらいの加減で取り組むようにしてください。

力を込めたほうが効果がアップすると信じている人も見受けられますが、程よい力加減でなければいけません。
あとは、血の流れのことに着目して、マッサージをするなら方向的には体の先端部分から心臓のほうへしていくのが誤りのない進め方です。

肩の近くをマッサージしていくときは、肩こりのコンディションに即してマッサージ方法を変えます。

痛みの症状が重いとき、力一杯マッサージをしてしまえば解消ではなくむしろ重症になる恐れがあるので、そういう場合はそっとさすっていく程度のマッサージをすると良いと言えます。
中には2、3分もやればマッサージは十分であると考える人もいるのですが、肩こり解消効果を高めたいのであれば、10分~20分程度かけて取り組むようにしましょう。

自力で行うにはスタミナ不足となりかねないので、そばに人がいるなら力を貸してもらうようにすれば心強いでしょう。
体が緊張していない場合のほうが、結果が出やすいので、ゆったりとマッサージをすると良いでしょう。

それから、肩周辺のみ実施するよりも、二の腕であったり首周辺など広くマッサージを実施したほうが、高い効果が見受けられます。
ストレッチやマッサージに励んでいるにもかかわらず肩こりを解消できないときには、医療機関を訪れ診察してもらうのも良いでしょう。