家庭でも容易に行える肩こりを解消する手段は、ストレッチなのです。

ストレッチは適切な知識を備えておけば、みんなできることですから、医療機関を訪れて診察してもらう時間がなかなか作れないというケースにはうってつけでしょう。
専門の医師の診察を受けた際にも、家にいても実践できるリハビリ方法としてストレッチを推奨する医師は大勢います。

これだけは忘れてはならない鉄則というのは、反動をつけることなくストレッチを進めるのが正確な方法であるということです。
反動をつけてしまうと筋肉や関節を傷めてしまい、状態が深刻化してしまうリスクがあるのでやめましょう。

肩こりが解消できるようにストレッチを実践するのであれば、運動不足の人や、柔軟な筋肉を持っていないという人は程々に取り組むように心掛けましょう。
まず、片腕を前に出し、その腕の二の腕のところを反対側にある手で握って胸の方向に引き寄せます。

肩の他、背中を伸ばすようにイメージをして、姿勢を正すことが重要です。

ポイントを押さえられたら、上半身に多少ひねりをプラスするようにし、わき腹も伸ばせるように気持ちを向けると良いでしょう。

両方の腕が終わったら次に左右ともに腕を前に伸ばして、手のひらを組むような状態にします。
これを維持して、肩甲骨から腕が伸びているようなイメージで、両方の腕を一緒に前に向かって引き伸ばします。

それから首をストレッチすることも肩こりの解消に効き目があるため、前後左右にひねる他、左右交互に回すようにして、首を通っている血液が順調に流れるようにすると、肩こり防止にも有効です。
このようなストレッチというものは、肩こりが深刻化してから取り掛かるのではなく、できる限り肩こりの症状が出始めの頃に実行するのがベストと言えます。