肩こりを解消させるためにツボ押ししたいと思っていても、不慣れだと大変だと捉えている人もいるかもしれません。

当然、間違いない知識の上でツボ押しを実践しないと大した効き目を望むことができません。
でも、自宅でも簡単に行える肩こり解消の方法なので、自分のものにするといいでしょう。

ひとまず、ツボ押しを実施するときにはツボがあるところを的確に押すことがポイントになります。

仮にツボがちょっと逸れてしまったとしても効果を発揮するように、ツボ押しを行うときには指の腹を使用して広く刺激していくのが良いでしょう。
大抵は力を上手く入れられる親指を用いますが、自分が力を込めやすい指を使用しましょう。

次にツボの位置についてですが、肩井(けんせい)として知られているツボが肩先と首の付根のちょうど真ん中あたりにあります。
指で確かめるとちょっとだけへこんでいる気がするでしょうから、間違えることはないでしょう。

このツボのポイントを、ツボと逆方向の手の親指や中指を駆使して刺激を加えましょう。
また、四十肩や五十肩に有効と広く認識されている臑兪(じゅゆ)というツボが存在します。

これというのは肩甲骨に手を持っていき、骨の外側より少し下の場所にあるツボになります。
自分の手でツボを押すのが難しい場合、同居している人などの手を借りてみてはいかがですか。

首にも疲れが出ているときは、耳の裏側のへこんでいる箇所に存在する風地(ふうち)というツボも刺激しましょう。

肩こり解消だけでなく、目の疲労感や頭痛を軽減させる効果があるツボです。
ツボ押しというのは、多少の痛みはあるけど心地良いほどの力の度合いで行うのがベストでしょう。